初めてご来院される方へ初診登録時にご持参いただきたいもの

ワクチン手帳
(過去の体重や病歴・予防歴が確認できる手帳や証明書等をお持ちの方は
ご持参ください。)
ペット保険の保険証
アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院
初診登録票
(ご来院時にご記入いただくことも可能ですが、プリントアウトしてあらかじめ記入したものをご来院の際にお持ちいただくと受付時間の短縮になります。)
初診登録票ダウンロード
ワクチン等の証明書
(ペットショップや他の動物病院で受け取ったもの)

※その他、症状が分かる写真や動画がありましたら、お持ちください。
※再診の方は、診察券・受診する子の手帳・ペット保険証
(アニコム損害保険株式会社、アイペット損害保険株式会社)をご持参ください。

受付

初めてご来院された方は受付スタッフへその旨をお伝えください。
受付が済みましたら、待合室にてお待ちください。
診察の順番は待合室のモニターでご確認いただけます。

  • ※再診の方は来院されましたら、まずは自動受付機より受付をお願いいたします。
    その後受付スタッフへ手帳をご提出ください。

問診

看護師がお話を伺いに参ります。
症状や気づいた点などがありましたらできるだけ詳しくお教えください。また、症状がわかるような写真や動画、資料(他の病院のカルテ)などをお持ちの場合はご提示ください。

診察・処置

続いて獣医師による診察です。問診、視診、触診、聴診、検温などに加え、必要に応じてより詳しい検査を行います。動物たちが安心して診察を受けられるように、飼い主様に抱っこをしてもらったり、なでたり、声をかけていただいたりとご協力をお願いすることもあります。
治療方針・方法については飼い主様のご希望を確認しながら一緒に考えていきますので、不安や疑問がある場合は遠慮なくご相談ください。

お薬・会計

診察・処置が終わりましたら受付でお会計です。診療明細をもとにご説明させていただきます。お薬は看護師よりお渡ししますので、お薬の内容や飲ませ方についてご質問がございましたらお尋ねください。

動物病院には病気で安静が必要な子をはじめ、社交的な子やシャイな子、恐怖から攻撃行動をとってしまう子など様々な動物が集まります。お互いにルールを守り気持ちよく動物病院をご利用いただけるよう、皆様のご協力をお願いいたします。
犬の場合
他の犬とのケンカ防止や衛生上の観点から、ご来院の際はキャリーケージに入れるかリードに繋いでお越しください。リード装着の場合は、他の犬や飼い主様への接触がないよう短くリードをお持ちください。
猫の場合
猫は、慣れない環境では狭い場所の方が落ち着くことができます。できる限りキャリーケージに入れてお連れください。しかし病院や注射を極端に嫌がる猫は多く、キャリーケージを見るだけで=動物病院だと認識してしまった場合は、ますますキャリーケージに入ることを拒絶するようになります。日頃からキャリーケージを室内に置き、慣れさせることも大切です。また、どうしても難しい場合はご家庭にある洗濯ネットで代用もできます。
エキゾチックアニマルの場合
他の犬や猫が興奮する場合もありますので、必ずケージに入れてご来院ください。慣れない環境や見慣れない他の動物に怯えたり興奮したりする場合がありますので、キャリーケースやケージの周りにタオルを巻くなど視界や音の刺激を与えない工夫も必要となる場合があります。内容によっては飼育ケージのご持参をお願いする場合もありますので、エキゾチックアニマルをお連れになる際は、事前にお電話でご連絡ください。