人と動物との関係は年々変化し続けています。

動物病院に来る動物たちも、ご家族の中での位置付けの変化に伴い、一方向的な「ペット」や「愛玩動物」としての関係から、「伴侶動物」あるいは「家庭動物」など、家族の一員として双方向の関係を結ぶ対象としての存在が強く感じられるようになってきています。
人も本来自然界に生きる動物たちの一員ですので、自然を感じられるものに癒され、共に生きたいと願うことはごく自然なことであると思います。種の異なる動物同士が一つの生活環境を共にし暮らしていく事の難しさは前提として避けられないものですが、動物との生活はこれを補って余りある喜びを我々に提供してくれます。

このようにかけがえのない存在である動物達ですが、彼らのほとんどは私たち人より短命です。
共に過ごせる限りある時間を、大切に寄り添って過ごして欲しいと願います。

ご家族の皆さまが動物病院で過ごす時間も、紛れもなく動物たちと過ごす尊い時間です。
動物たちとご家族にとって、動物病院は決して楽しい場所ではないかもしれませんが、同時にお互いの存在を強く感じ、絆を深められる場所でもあります。
獣医療を通して人と動物の架け橋となり、彼等と共に過ごす時間をより深く豊かなものにできるのであれば、小動物臨床に携わる者としてこれ以上の喜びはありません。

獣医師 田代 修

インフォームドコンセントの徹底

根拠に基づいた治療内容を基に、ご家族が動物とどう向き合いたいかを大切に治療方針を組み立て、その内容を説明させていただきます。

ご家族の生活を重視

動物病院は動物の治療を行う場所ですが、院内での治療は治療全体の一部にすぎず、しっかりと治療を進めていく上ではご家族の協力は欠かせません。 治療をうまく進めていくために、治療に取り組む過程や治療後のご家族の生活の質を維持するためのサポートを重視しています。

緊急、重症例への対応

大学病院のない沖縄でも安心して動物と暮らせるよう、国内での標準的な治療を提供するための設備、教育に力を入れています。

エキゾチックアニマル診療

犬や猫以外にもうさぎやハムスター、フェレット、ハリネズミ、モモンガや爬虫類等様々な動物種が家庭内で生活を共にするようになってきています。これらの動物たちも犬や猫同様に家族として安心して暮らせるように診療体制を整えております。

待合室

病院で過ごす時間も、動物たちと過ごす大切な時間です。
安心してお待ちいただけるよう、室内の待合スペース二箇所に加え、外の待合スペース、お散歩しながらお待ちいただけるスペースもご用意しております。

社会貢献事業

当院では野生動物救護、野犬野猫譲渡活動のサポートを通じてやんばるの世界自然遺産登録を応援しています。

院長|獣医師
田代 修Osamu Tashiro
2004年帯広畜産大学卒業
在学中は食欲中枢について研究
大学卒業後、沖縄県内で臨床獣医師として勤務
ひとこと:生き物全般に興味を持ち、家庭内で飼育される動物の診療はもちろん、野生動物救護活動にも取り組み、人と動物が共に幸せに暮らす手助けのできる動物病院作りを目指すに至りました。自宅では犬、猫、ハムスター、イグアナ、トカゲ、カメ、ヤモリ、ヘビたちと暮らしています。

所属学会:日本獣医がん学会、爬虫類・両生類の臨床と病理のための研究会
獣医師
樂 芩韻Chinyun Gaku
2007年台湾高雄医学大学卒業
2012年台湾国立屏東科技大学卒業
同年台湾獣医師免許を取得し野生動物保護センターに勤務
日本の文化に興味があり、2013年ワーキングホリデーで来沖
2014年日本獣医師免許を取得し、沖縄にて臨床獣医師として勤務
ひとこと:動物や自然が大好きで、家族の一員である飼育動物から自然に生息する野生動物まで人と動物が幸せに暮らす社会の実現に貢献できる獣医師を目指しています。

所属学会:日本獣医麻酔外科学会、日本獣医がん学会、日本獣医エキゾチック動物学会
獣医師
北 明讓Akinori Kita
2017年大阪府立大学卒業
在学中は精神疾患とアルツハイマーについて研究
大学卒業後、沖縄県内で臨床獣医師として勤務
ひとこと:患者(動物たち)のためにできる最善の治療と、そのご家族が望む医療を提供するために、新しい技術を取り入れることに力を注いでいます。
臨床分野としては整形外科に興味を持ち、自分にできることを一つずつ増やすように日々努力しています。

所属学会:日本獣医麻酔外科学会、日本獣医がん学会、日本獣医再生医療学会、DePuy Synthes TPLO Seminar 2019 修了